“カフェ風フェイスシールド” の続き

“カフェ風フェイスシールド” の続きです。

ちょっとおしゃれなフェイスシールド(自画自賛) を作りました。

作るうえで一番大事なのは、キャップのツバにうまくはまるような切り込みをシールドフィルムに入れることです。

前回、3D CADを使って切り込みの形を割り出したと書きました。

ごめんなさい。 

実は、見栄を張って、うそついちゃってました

そんな3D CADソフトなんて持ってません。

じゃあ、どうやって切り込みを入れたかというと ・ ・ ・

 

ただ単に、実際にキャップのツバを切っただけでした。

だって、100均の帽子だもん。
  
  
  

以下が製作過程です。
  
  

帽子のツバを切る
シールドフィルムをはめ込みたい位置でキャップのツバを切る

  

ツバの切断部に両面テープを貼り、上面の余分なテープをトリミングする
  
  

フィルムをあてる
  
  
  

フィルムをはがすと、ツバの切断面がくっついてくる
  
  
  
  
    
という、昭和的な作成方法でした。
  
  
  

こんな単純な切り込み線で良かったんだぁ 
  
  

と拍子抜けしました。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です