正しく知ろう! 子どものアレルギー

当地のフリーペーパーで取材を受けました。 そのタイトルは、 正しく知ろう! 子どものアレルギー 実は、5年前にもこの雑誌でアレルギーの取材がありました。 そのときは、食物アレルギーに関する話題でした。 今回は、こどものアレルギー全般ということでした。 食物アレルギー、喘息、アトピー性皮膚炎などのこどもがいる場合、 親御さんが気をつけること、周りのお友達が気を... 続きを読む

2+

グリグリくん始動

5月の連休中に製作したグリグリくん。 検査の適応となる患者さんがいなくて、なかなか日の目を見ることが出来ませんでした。 しかし、ついに始動。 検査は屋外で行います。 この子はしっかしした子なので、暴れませんでした。             小さい子は怖がって頭を動かすので、後ろから押さえないとかえって... 続きを読む

0

グリグリくん

当然ながら、新型コロナウイルス感染症 (病名はCOVID-19) の確定診断には新型コロナウイルス (ウイルス名はSARS-CoV-2) の存在を証明することが必要です。 現在はウイルスの遺伝子を検出するRT-PCRが主流です。 そして、5月13日にウイルスのタンパクを検出する抗原検査が承認されました。       それぞれの短所を補うよう、上手に使い方を考... 続きを読む

3+

カフェ風フェイスシールド

新型コロナウイルス感染緊急事態宣言は、2020年4月7日に東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡に出され、そして4月16日は全国に対象地域が拡大されました。 当初の宣言の期限(5月6日まで)が延長されたものの、新規PCR陽性者数は減少してきて、地域によって宣言を解除することも検討されています。 しかし当然のことながら、医療現場では、院内感染対策に少しでも... 続きを読む

1+

ハイタッチ

私は、ハイタッチには苦い思い出があります。 それは、クリニックを開業したときのことです。 スタッフが高いモティベーションを持ち、互いに良い関係を保って仕事をしていくにはどうしたら良いか、本やネットで研究しました。 ある記事に、毎日の朝礼で各人が当日の目標を宣言し、最後に皆でハイタッチをして士気を高めようというものがありました。 なるほど!と思い、皆に提案しま... 続きを読む

0

新型コロナウイルス;クリニックの感染防御

少し前に、北関東で診療所のドクターがコロナウイルスに感染したとの報道がありました。 ドクターはカゼ症状があったもののしばらく診療を続けていたとのことで、県知事は会見で  “誠に遺憾である”  と言われました。 しかしそれに対してネットでは、むしろ働かなくてはいけなかった医師をいたわるコメントが多く載っており、同業者としてはそのコメントをありがたく思うのでした... 続きを読む

1+

新型コロナウイルス;なぜ小児は軽症なのか

2020年3月11日、とうとうと言うか、ようやくと言うか、WHOはPandemic (世界的大流行)とみなせると表明しました。 現在、感染の主体は欧州に移り、イタリアでは医療崩壊が起きていると報道されています。 日本でも感染者数は増加を続けて、欧州と同様にオーバーシュートがいつ起きても不思議ではないと言われています。       そんな中、何故こどもでは重症... 続きを読む

0

ナッツアレルギー

食物アレルギーは赤ちゃんに多く、原因となる食物は鶏卵、牛乳、小麦が大部分を占めます。 しかし、年齢が進むとアレルギーを起こす食品も変わっていきます。 2歳児・3歳児での原因食物は全体的な頻度からみると前述の鶏卵、牛乳、小麦がトップ3には変わりないのですが、この時期に新たにアレルギー起こした食物(新規発症の原因食物)となると、1位は魚卵、2位は鶏卵、3位はピー... 続きを読む

0

サッカーは個人競技だ

唐突だが、中学1年生の愚息は地元のクラブチームでサッカーをしている。 実はナショトレにも選ばれていないのだが、まだ本気で将来はプロになろうと思っており、ほぼ毎日一生懸命練習をしている。 昭和生まれの私は、 東大に入るよりもJリーガーになる方が難しいって言われてるんだぜ。 この情熱と時間を勉強に傾けてくれたら将来の安定した生活に役立つのになぁ。      な... 続きを読む

0